カランメソッド

カランメソッドのステージ12の内容とレッスン時間!レベル12の感想レビュー!

英語の技能の
「聞く・読む・書く・話す」のうち
話すスキルのスピーキングが一番苦手だった
ところから始めたカランメソッド!

英語力を4倍速でアップさせてくれるという
ことでトライし始めて、とうとう最後の
stage12を完走するところまできました!

ここまででだいたい2年かかりました。

それでは、最後のステージ12はどんなレッスン
だったのかどのくらい時間がかかったのかなど
ふり返ってみたいと思います。

今回は、カランメソッドの
◆ステージ12の終了までにかかった時間
◆ステージ12のレッスン内容・感想

を紹介していきます。

カランステージ2~12までにかかった時間

まずは、今までのレッスンの履歴と一緒に
ステージ12までにかかったレッスン時間など
詳細をまとめました。

【カランメソッド:ステージ2~12にかかった時間】
(※通常レッスンの最後にするフルリビジョンFRSも含む)
(※FRSとは、通常レッスンの最後にする総復習のことです)

Stage レッスン時間 レッスン数 レッスン期間
約12時間 22レッスン 約1カ月
約12時間 30レッスン 約1カ月
約15時間 37レッスン 約1カ月強
約20時間 48レッスン 約1カ月半
約17時間 41レッスン 約1カ月強
約17時間 42レッスン 約1カ月半
約17時間 41レッスン 約1カ月半
9 約28時間 69レッスン 約2ヵ月
10 約27時間 63レッスン 約3カ月
11 約32時間 77レッスン 約3カ月強
12 約36時間半 87レッスン 約半年

カランメソッドは全12ステージからなり
ステージ12と12だけに各レッスンの最後に
穴埋め問題(Word Pool/Phrase Exercise)が出題されます。

(※各レッスンと書いてますが、全部のレッスンの
最後にあるわけではありません。穴埋め問題が
ないレッスンの時もあります)

ステージ12は、
レッスン最後の穴埋め問題(各15問)
(Word Pool/Phrase Exercise)と、
リーディングをこなすのに時間がかかりました。

リーディングは、だいたい実際にやっている
ステージより少し前にずれ込むのでレッスンペースが
遅くなればリーディングするページもたまります。

 

このほかには、ステージ12でモチベーションが
急に下がりレッスンペースが落ちたり、他の教材の
レッスンをしたので終了まで半年もかかりました。

このステージのレッスンペースは、まちまちでした。

ステージ12のレッスン数は
87レッスンとなりました。

カランメソッドステージ12のレッスン時間

カランメソッド全体のレッスン数をまとめたのですが
次は、stage12でかかったレッスン時間を詳しく
まとめてきます。

~カラン:ステージ12終了までのまとめ~
(※ネイティブキャンプで)

カランメソッド:ステージ12
レッスン数
(※FSR含む全レッスン)
87レッスン分
(Lesson178~191)
FRSフルリビジョン(総復習) 16レッスン分
かかった時間 約36時間半
1日のレッスン数 まちまちです

カランメソッドの各ステージのレッスンの流れは

「通常レッスンNewWork」+「FSRフルリビジョン(総復習)」

通常レッスンNewWork を終えたら、
総復習のFSRフルリビジョンをする流れです。

カランメソッド、ステージ12のレッスンは
半年で終了でレッスンスピードはまちまちでした。

レッスン回数をみるとステージ11より少し多いくらい
なので、ステージ12も1日1レッスンのスピードで
こなせば、3カ月~4カ月くらいで終了できると思います。

レッスンについて詳しくはネイティブキャンプで
確認してくださいね。

カランメソッドステージ12のレッスン内容

カランメソッド最終ステージの12は、どんな内容
なのかレッスンでやったことをまとめてみました。

【カラン:ステージ12の内容】

カランステージ12 内容
レベル TOEIC800以上
レッスン内容 関係詞節・接尾辞・レターエッセイ記事の書き方・穴埋め問題(Word Pool/Phrase Exercise)
リーディング 残りレッスン5分でテキスト音読※

カランメソッドステージ12も11同様、
「関係詞節・接尾辞」など文法に関するものに
プラスして
「レター・エッセイ・記事の書き方」
「穴埋め問題:各15問(Word Pool/Phrase Exercise)」
というものがあります。

レッスン末にある穴埋め問題は
語彙・フレーズ練習の学習をします。

この穴埋め問題はステージ11と同じ
形式のものです。

ステージ12では
例えば、次のような文章でやりとりがありました。

Ex)カランメソッドステージ12のレッスン例

Teacher
Teacher
Would you like to work on the top floor of a 30-storey skyscraper?(30階建ての超高層ビルの最上階で働いてみませんか?)
みいこ
みいこ
No, I wouldn’t like to work on the top floor of a 30-storey skyscraper. (いいえ…)
Teacher
Teacher
Why not?(なぜですか?)
みいこ
みいこ
Because it might be difficult to run away in case of an emergency like a fire.(火事などの緊急時に逃げ出すのが難しいかもしれないからです。)

このように自分の意見を伝える場面は前回の
ステージと同じような感じであります。

Ex)カランメソッドステージ12の穴埋め問題例

<Word-building ex>
例)

【luck】
・She was … to win the game.(彼女は幸運にも試合に勝った)
(答え:lucky)

上の場合、【 】内の語を適当な品詞に変えて
ちょうど良い意味にするという質問です。
穴埋め問題は、各15問程度です。

カランメソッドステージ12終了の感想

ついに最終ステージ、カランメソッドステージ12を
終えた感想をまとめたいと思います。

まずは各ステージでやるレッスンの内容です。

~カランレッスン各ステージの内容~

カランメソッドレッスンの内容 前回レッスンの復習 約10分
NewWork新語を含む 約10分
リーディング 5分

~カラン:ステージ12の感想と詳細~

◆構文は長いものが多く、答える文章も長い
(長い文章は前回ステージと同じで長めの文章多い)

◆ワードプールと穴埋め問題がプラスされ語彙は多い

◆ボキャボラリーのレベルのアップ
(専門的な語彙、イギリスで使われる語が増える)

◆テキスト中の質問に答えることが増える
(自分の意見・経験を伝える:前回ステージと同じ)

◆レッスン後の復習に時間はかかる
(長文読解と、新しい語彙、穴埋め問題の復習)

◆穴埋め問題では、読解力、語彙力が求められる

◆レッスン内の復習に時間がかかるとNewWorkの
進みが悪い

◆このステージまでたまっていたリーディングを
最後までこなすのに時間がかかる

カランステージ12は11と同様、レッスンの最後に
15問の穴埋め問題があります。

穴埋め問題では、このステージになると自分で
読んで回答するという流れなので、読解力と語彙力が
必要になると感じました。

このステージ最後までやっても穴埋め問題は苦手でした。

意見を述べるところは今まで通りあるので普段から
自分の考えアウトプットできるレッスンを受講しても
いいですね。
(ネイティブキャンプの5分間ディスカッションなど)

語彙もあんまり見聞きしないものが出てきたり
イギリス英語の言い回しなどあったので復習で
確認が必要でした。

リーディングについて
ステージ12は、他のステージと違い今まで
やってきたリーディングを最後までこなす
ことになります。

ここでリーディングがたくさん残っていると
ステージ12を終えてFSR(フルステージリビジョン)の
後に残っているリーディングをすることになります。

私も、ステージ12になった時には、ステージ11の
リーディングをやっていたので1冊くらい
(stage12分)分のリーディングが残っていました。

ステージ12を終えてFSRも終えたらリーディングのみに
なるので、1レッスン25分ずっとリーディングすることに
なります。

これが結構しんどいので、講師からの提案もあり
「FSR10分 + リーディング15分」(25分)

というふうに、FSRとリーディングを組み合わせて
勧めていくとしんどさもそこまでなくよかったです。

私が、このステージでの復習は11と同じ感じで

・新しい語彙や英文の意味の確認
・アプリでリスニングし音と意味を確認
・音読する(テキストを声に出して読む)

の3つのことをしました。

アプリ音声はスキマ時間を使って復習できるので
時間がある時は聞いてみてください。

カラン全ステージをやってみた感想

最後に、ステージ12までやってみた感想を
まとめたいと思います。

~カランメソッドステージ12を終了してみた感想~

ネイティブキャンプのカランテストを受けて
ステージ2~スタートし、最後のステージ12を
終了するのに約2年かかりました。

始めた当初は、スピーキングが特に苦手だったので
とにかく少しでも話せるようになりたいという
思いでやってきました。

カランメソッドは4倍速で英語力がアップするという
ものですが、ステージ12まで終えたらどんな力が
ついているのか期待しながらやってきましたが
自分の理想としていたスラスラしゃべれるように
なるというものとは少し違っていました。

スラスラ話せるようになるには、カランだけの
レッスンでなく
他にもレッスンが必要かと感じてます。

私の場合、カランと併用して、
・瞬間英作文シリーズ(本・アプリ)
・4コマ漫画の英語スピーキング(本・アプリ)
・ネイティブキャンプの他のレッスン

をやってきました。

もちろん、カランをやってみて英語脳と言われる
英文を聞いて日本語に介さず英語で理解し話す
という部分は育てられました。

英語脳とはこういうのなんだという実感はありましたよ。
それは本当にやってきてよかったなと思うところですね。

まとめ

全12ステージのカランメソッドを終了してみて
自分なりに力がついたな、2年前とは特に
スピーキング力の面で変わったなと感じてます。

ステージ12までは道のりは長いですが、
ステージ途中でもカランの力はつくと思うので
スピーキング力を鍛えたいという方はぜひ
試してみてくださいね!

私も、余裕が出たらまたカランをやって
みようかななんて思ってます。

ということでこのブログが、カランに
興味のある方の参考になればと願っています!

カランメソッドについて詳しくは
認定校のネイティブキャプで、
カランメソッドの今までのステージのレビュー記事や
その他、カラン関連についてまとめた記事もあるので
参考にしてみてくださいね!

 

こちらの記事もおすすめ