TOEIC関連

TOEICスピーキングテストの対策!問題の内容と勉強法のコツ!

iibcglobal引用

就職や転職には有利にもなるTOEICのスコア。

TOEIC は英語コミュニケーション能力を
公平公正に評価する世界共通の基準となります。

せっかく勉強をするならば、スコアばかり高くする
勉強法よりもしっかりと結果を出せる勉強法を
知りたいですよね〜。

中でもスピーキングテストは英語コミュニケーションを
必要とする企業ではこの力を求めるところが
増えてきているようです。

そんなTOEICスピーキングテストについてを今回は調査!

ということで今回は、
◆TOEICスピーキングテストの内容
◆各パートの対策
◆勉強のコツ

を紹介します。

TOEICスピーキングテストの問題の内容

iibcglobal引用

TOEICテストの中でも注目が
集まっているスピーキングテスト、
どんな内容なのかまとめていきます。

~TOEICスピーキングテストのポイント~

◆英語のネイティブスピーカーや英語に堪能な
 ノンネイティブスピーカーに理解しやすい言葉で
 話すことができること

◆日常生活、また仕事上必要なやりとりをするために
適切に言葉を選択し
使うことができること
(例:指示を与えたり受ける、
情報や説明与える、購入、挨拶、紹介など)

◆一般的な職場において、筋道の通った
 継続的なやりとりができること

このようなことを測るテストとなっています。

英語のコミュニケーションとして大切なことですよね〜。
どんなテスト内容なのか気になります。
テスト内容をわかりやすく表にまとめてみました!

〜TOEICスピーキングテストの内容〜

【TOEICスピーキングテスト時間】

TOEICスピーキングテスト問題数 11問
テスト時間 20分

 

【TOEICスピーキングテスト内容】

テスト内容 問題数/解答時間 課題概要 評価基準
Read a text aloud
(音読問題)
2問/各45秒
(準備時間45秒)
アナウンス、広告などの短い英文の内容を音読 発音、イントネーション、アクセント
Describe a picture
(写真描写問題)
1問/45秒
(準備時間45秒)
写真を見て内容説明 上記に加え、文法、語彙、一貫性
Respond to questions
(応答問題)
3問/15秒または30秒
(準備時間 0秒)
※各質問とビープ音の間に3秒
・身近な問題についてのインタビューに答えるなどの設定で、設問に答える

 

・電話での会話で

設問に答える

上記のすべてに加えて、内容の妥当性
内容の完成度
Respond to questions using information provided
(提示された情報に基づく応答問題)
3問/15秒または30秒
(準備時間 45)※各質問とビープ音の間に3秒
提示された資料や文書(スケジュール等)に基づいて、設問に答える 上記すべて
Propose a solution
(解決策を提案する問題)
1問/60秒
(準備時間45秒)
・メッセージなどを聞き、その内容を確認した上で、問題の解決策を提案する
・会議の内容を聞き、その内容を確認した上で、問題の解決策を提案する
上記すべて
Express an opinion
(意見を述べる問題)
1問/60秒
(準備時間30秒)
あるテーマについて、自分の意見とその理由を述べる 上記すべて

 

6つのパートに分かれて出題される問題は
制限時間がありその時間範囲内で発音や
イントネーション等が適正で表現方法が
的確な応答なのかが必要になります。

各パートごとにどんな対策が必要なのでしょうか?
次で紹介していきたいと思います。

TOEICスピーキングテスト各パートの対策

6つあるスピーキングテスト各パート問題。
一見すると難しく思いがちですが
このテストはより的確に答えることが大切になるので
各パートごと、流れに沿ったポイントを押えることが
大切な対策となります。

TOEICスピーキングテスト対策に
なるポイントをまとめてみました!

~TOEICスピーキング各パートの対策~

(1)音読問題の対策

・ゆっくりハキハキと読むこと

・子音止め、リエゾンなど英語特有の発音に注目

・意味を考え読み強弱で表現する

・英語特有の子音、母音に注目し勉強する

正しい発音やわかりやすいイントネーションが
大切です。
滑舌に注意し口にできるように対策をしていくと
よさそうですね~。

(2)写真描写問題の対策

このパートは写真の中の描写について
場所・天気・配置・人物・空間の5つを
うまく表現して話せるようにすることが求められます。

問題の写真から自分が読み取れるものや
推測ができるものを話せるようにすることが大切です。

(3)応答問題の対策

採点基準として、

「内容の妥当性・文法ミス」

などを見ています。
インタビューに答えるような問題になるので
日常会話に近いかもしれませんね!

質問にしっかり簡潔に分かりやすく
答えれば得点になる問題のようですよ~。

(4)資料付きの応答問題の対策

会議資料やチラシをみて答える問題です。
制限時間内で素早く言葉にできることが
大切になるので速読力も必要になります。

簡潔に分かりやすく答えるようにすることが
対策なようです。

(5)解決策を提案する問題の対策

こちらのパートは流れに沿って
問題に出された解決法を話すことが大切です。

・役になりきった挨拶、応答をすること

・相手が何に困っているのかを再確認

・困っていることに関する解決策を明示

・最後の挨拶

に沿い役になりきってロールプレイイングする
感覚で答えられるようにしたらよさそうですね。

(6)意見を述べる問題の対策

こちらの流れに沿った応答が大切です。

・自分の意見
(私の意見は~です)

・理由・根拠(2~3つ)
(理由は~で~という意見もあります)
・譲歩、反対意見をつける
(しかし~が問題点です・~という意見もあります)

・結論(意見の再提示)
(結論として~が私の意見です)

のロジックに沿わせ答えられるようにしましょう。

TOEICスピーキングテスト勉強法のコツ

対策を押さえた勉強にはどんなコツが
必要なのでしょうか?
勉強法のコツを紹介します!

〜TOEICスピーキングテスト勉強法のコツ〜

◆自分の声を録音し聞いてスピーキングを分析する

◆オンライン英会話や英語が話せる人と会話練習する

◆時間計り制限タイムに慣れながら話せるようにする

◆テストのパートに沿って応答できるようにする
(一貫性のある答え、関連性があるかが大切)

◆自分の考えをまとめる力をつける

TOEICスピーキングテストでは発音やイントネーション
がまずは正しくハキハキ答えられないと次の問題にも
影響は与えてしまいます。

自分の声でどのように聞こえるのかを録音してみたり
実際に伝わるか会話をするなどの練習も
大切になりそうです。

また、問題は応用などは表現力が必要です。

対策にもなる各パートの対策を押さえながら
勉強してみてるといいですね。

まとめ

英語の勉強をする上でもスピーキングは
英語理解度や自分の考えや表現を言葉にすること
と難しい内容です。

TOEICスピーキングテストも最近注目されているように
英語を使えるといえる為の重要なテストになりそうな
内容になっているのが分かりますね〜。

対策やコツを参考に皆さんも勉強してみてくださいね!

TOEIC対策の記事まとめ英語の資格で人気のTOEIC。 TOEICが高得点だと就職にも有利ですし 何より自分に自信がつきますよね! 私もまだま...
こちらの記事もおすすめ