TOEIC関連

TOEICリスニングでアメリカ英語とイギリス英語の発音を聞き分けるコツ!

TOEICリスニングパートでは
リスニングスピーカーの違う国籍のスピーカーで
構成されていて聞きなれていないと聞き取れない
ということもありますよね。

TOEICの試験とはただ単純に英語が聞き取れるか
だけでなく、それぞれの国の英語の訛りを聞きながら
正しい正解を選択することができるかというのも
試されている試験です。

しっかりと聞き取れる特徴やコツを掴んで
高得点を目指したいですね!

今回はTOEICリスニングパートの
◆各国の英語の発音の特徴
◆英語の訛りを聞分けるコツ
◆アメリカ・イギリス英語の学習法

について紹介します。

TOEICリスニングパートの各国英語の特徴

TOEICリスニングパートでは
アメリカ、イギリスカナダ、オーストラリアの
4国の国籍スピーカーで構成されています。

自分が勉強し聞き慣れている英語だと分かりやすい
ですが慣れていないと聞き取れなかったり
国によっては単語や表現が違うこともあり
違う風にとらえ間違えてしまうことが
おきてしまいがちです。
まずは違いを理解することが大事ですよね。

各国ごとの英語の特徴を表にまとめてみました。

~各国の英語の特徴~

各国の英語の特徴 発音 文法 単語 特徴
アメリカ ・rの発音が強調

・tをはっきり発音

[take/haveの違い]

シャワーを浴びる

→take a shower

時間表現の違い例)

2:50→Two fifteen

vacation(休暇)

cab(タクシー)

drug store(薬局)など

前の単語と後ろにくる単語が繋がって発音される場合(リンギング)が多い
イギリス ・rの強調がない

・tをはっきり発音

・aとoの発音に違いがある

[takeとhaveの違い]

シャワーを浴びる

→have a shower

[時間表現の違い]

2:15→Quarter past two

現在完了形(have + 過去分詞)を使う頻度が高い

holiday(休暇)

taxi(タクシー)

pharmacy(薬局)など

一語一語をきちんと発音
カナダ ・イギリス英語に近い

・ouの発音に注意

・~ですよね?の表現→~eh? pop(炭酸飲料)

wash room(お手洗い)など

癖のない英語だがカナダ独特の発音をする単語やフレーズもある
オーストラリア ・a”の音がカタカナでいうと「アイ」となる単語が複数存在

・基本はイギリス英語に近い発音

イギリス文法に近い ・リンギングが多い

・単語を省略して話すことが多い

(例:afternoon →arvo)

各国ごとに特徴がそれぞれありますね。
主に違いが感じやすいのは
アメリカ英語とイギリス英語です。

訛りを聞きわけるにはコツがいりそうですね~。
次にそんな訛りを聞き分けるコツをまとめてみました!

TOEICリスニングパートの訛りを聞分けるコツ

特徴的な違いが出やすいイギリス英語とアメリカ英語。
聞き分けるためのコツをまとめてみました。

~英語の訛りを聞きわけるコツ~

◆イギリス・アメリカ英語での単語の違い

◆イギリス英語は強弱のメリハリが極端に大きい
弱いところは極端に弱く音は短く非常に曖昧になる

◆ イギリス英語では、長い単語の一部の音を
落として発音することが多い

◆疑問文
〜 ? ↗︎ と上がる→アメリカ英語
〜? ↘︎ と下降→イギリス

◆発音の違いに注意する(特にR・T)

アメリカ・イギリス英語を聞き分けるには
まずは発音やアクセントの違いや単語の
使い方の違いを見つけることのようですね。

聞き分けるためには発音の違いが分かる動画など
参考にしてみるのもコツの1つですよ。

~英語の訛りを聞き分けるコツがわかる動画~

Chiaki引用

 

Rachel & Jun引用

しかしなかなか慣れていないと聞き分けて
理解するのはハードルが高そうですよね~。

どんな風に聞き分けて理解できるリスニング力を
身につけていけば良いか学習法をまとめてみます。

TOEICリスニングのアメリカ・イギリス英語の学習法

イギリス・アメリカ英語を違いを理解しながら
リスニングに強くなるにはどんな学習方法が
良いのでしょうか?

学習方法をまとめてみました。

~アメリカ・イギリス英語の学習法~

◆各国の違いがある単語をまとまりで覚えること

◆アメリカ英語とイギリス英語の両方の発音でリスニング練習

◆TOEICの模擬試験のCDを聞いてどのように
 単語同士が結びついているかチェック

◆シャドーイングやディクテーションを行う

◆各国英語の映画や動画をみる

聞いてリスニング力を高めることのほかに
リスニングをし、自分が聞き取れない単語を
覚えていくことをしていくことでより違いも
認識できていきます。

まずはどんな単語・文法の違いがあるかを
ある程度は覚えてしまうことで聞き取りにくい
と感じてしまう訛りも心構えもできそうですね。

また、たくさんのリスニングも聞くだけでなく
シャドーイングなどして真似て身につけると
頭に入りやすいです。

また、ノートにまとめる時などは
カタカナ表記にして一覧にまとめてみるのも
違いが一目瞭然で頭にも入りそうです!

各国の単語や表現の違いが出てくるように
違いを意識した勉強が役立ちそうですね~。

まとめ

TOEICリスニングのパートでの各国英語スピーカーの
特徴を捉えテストに臨む為にはリスニング力を
アップできるように違いを探しながら耳を
馴らしていくことが対策のようですね~。

各国の英語の特徴を参考に英語学習して
いこうと思います。

こちらの記事もおすすめ