レアジョブ

レアジョブ英会話スピーキングテストのメリット!点数UPの対策も

レアジョブ引用

英語の4つのスキル
「読む」「書く」「聞く」「話す」の中で
今までよりできるようになった!と
実感しづらいのが「話す」スキルですよね。

 

読む、書く、聞くは、それぞれ
前より英文が読めるようになったとか、
日記が書けるようになったとか、
英会話講師の言うとが聞けるようになった
とか成長が実感しやすいですが

 

「話す」ことだけは自分では
どれだけできるようになったのか
わかりづらい。

 

そこでおすすめなのが
レアジョブにあるスピーキングテスト!

 

お値段のリーズナブルで
気軽にスピーキングのスキルを
はかれるのはいいですよね~

 

今回は、自分の成長した話す
スキルを可視化するレアジョブの
◆スピーキングテストのメリット
◆テストの内容・攻略法

についてまとめていきます。

レアジョブ:スピーキングテストのメリット

 

レアジョブ引用

英語のスピーキング力をのばしたい
と漠然と思っていもどのくらい
話すスキルがアップしたのかなんて
わかりづらいものですが

 

レアジョブにある、スピーキングテストは
自分の話すスキルを数値で可視化
できるのでスピーキング力が
どのくらい伸びたか知りたい
ときにはおすすめです。

 

では、そんなスピーキングテストについて
テストを受けるメリットについてまとめて
いきます。

~スピーキングテストのメリット~

◆現在のスピーキング力を数値で可視化

◆スピーキングテストの結果で弱点がわかる

◆今後の学習方針が立てやすい

◆他社のテストと比べて低価格で受験できる

 

スピーキングテストを受けると、
現在の自分のスピーキング力を数値で
可視化でき、テストの結果で弱点も
わかりやすくなります。

 

そのため、今後の学習の方針を立て
やすいんですね。

 

またレアジョブのスピーキングテストは
他社と比べて格安なので気軽に受けれる
のもうれしい点です。

レアジョブ:スピーキングテストの内容

では、レアジョブのスピーキングテストの
内容はどんな感じなのかまとめていきます。

 

~スピーキングテストの内容~

スピーキングテストの詳細
所要時間 15分~20分
受験料 1回 / 2,980円(※レアジョブのあんしんパック加入者は980円)
受験方法 スカイプorサイトの自動音声自動録音

 

【スピーキングテストの内容】

テスト項目 時間 内容
①自己紹介 30秒 与えられたテーマに関して説明
②音読 5問各10秒 指定の短い文章を音読
③質問回答 5問各10秒 身近な質問について回答
④ロールプレイ 回答60秒 地図を見ながら目的地まで案内
⑤画像描写 60秒 写真を見ながら詳しく描写
⑥要約 60秒 英語の短いストーリーを聞き内容を要約

 

レアジョブのスピーキングテストは、
他の比べるとかなりお安く2,980円で
受験できます。

 

TOEICのスピーキングテストだと
6,800円かかるのでレアジョブはお得ですね!

 

さらにレアジョブのあんしんパーケージに
入っていれば1回980円とかなりお得に
なるんですよ。

 

受験方法も簡単で
スカイプからかレアジョブのサイトの
自動音声・自動録音で受験が可能です。

 

スピーキングテストの内容は、
6つのパートからで全部で14問になります。

 

所要時間は15から20分くらいになります。

スピーキングテストの攻略ポイント

6つのセクションからなるレアジョブの
スピーキングテスト対策を
どうやったらいいか?

 

それぞれのパートの攻略法を
まとめていきます。

 

【① 自己紹介テストの対策】

◆自己紹介で説明する時間は30秒

◆できるだけ詳しく説明する

◆自分のわかる表現を使う

 

説明する能力や語彙力、文法力を
問われる問題です。

 

普段から自己紹介を30秒程度で
言うように練習しておくといいです。

 

自己紹介で使える英語表現をピック
アップして文章をまとめておくとことです。

 

【② 音読テストの対策】

◆問題は5問で各10秒

◆言いにくい単語はゆっくり読む

◆単語のアクセントに気を付ける

◆代表的な発音の違い「R 」「L」

 

読みにくい単語はゆっくり読み、
単語のアクセントに気を付けて正しく
発音します。

 

また英語発音の違いがあるものは
普段から練習しておくといいです。

 

レアジョブの発音カリキュラムを
活用してみるといいと思います。

 

【③ 質問回答テストの対策】

◆問題は5問で各10秒

◆簡単な質問に答える

 

質問に対しすぐに答えられるような
力が必要になります。

 

対策としては、
英語を話すときの瞬発力が身につく
英語を英語で理解しアウトプットする
カランメソッドがおすすめかと思いますが

 

日常英会話や実践英会話でも
十分練習できると思います。

 

【④ ロールプレイテストの対策】

◆地図を見て考える:30秒

◆説明時間に60秒

 

道案内で使う表現を使ってシンプルに
説明するのがおすすめです。

 

日本語でも道案内の説明は長くなりがち
なので普段から60秒くらいでおさまるよう
シンプルな文章で説明することです。

 

【⑤ 画像描写テストの対策】

◆写真を見る:30秒

◆説明時間:60秒

◆写真を見ながら状況説明する

 

描写テストはTOEICでもよく出題
されますが問題でうまく説明するのには
いくつかポイントを抑えることです。

~描写問題の攻略方法~

①写真の事実を言う
(EX: There is some apples.)

②自分の感想や考えを言う
(EX:He looks very busy writing something.)

 

描写問題には、答えやすい型があって
上の①+②の流れで説明すると
聞きても理解しやすいです。

 

英文を組み立てるときに何でもかんでも
適当に話すと話がまとまりません。

 

描写問題の練習になるおすすめの本も
ありますので参考にしてみてください。

 

「スピーキング入門:著:高橋基治」


amazon引用

 

この本は古い本なのですが、勉強に
なると思います!

【⑥ 要約テストの対策】

◆要約を考える時間30秒

◆要約内容を話す60秒

 

試験官が話す短いストーリーを
30秒で聞き60秒で要約するというもの。

 

試験官の言うストーリーを記憶
することもそうですが、日本語でも
普段から要約するような練習を
しておくといいです。

 

この問題はかなりハードルが高そうなので
簡単なストーリーを見聞きしたときに
要約してみて、日本語と英語の両方で
要約できるかもチェックしておくのが
よさそうです。

まとめ

自分のスピーキング力をはかるのは
簡単ではないけどテストを受けて
数値を可視化できるのはわかりやすい
のでいいですよね。

 

レアジョブには、スピーキングテストの
他にレベルチェックテストが無料体験の
時に受けれます。

 

スピーキングテストとレベルチェックは
必ず同じ結果になるとは限りませんが
無料なのでまだ受けてないなら
自分のレベルを見てみてもいいと思います。

 

レアジョブの無料体験には
25分×2回のレッスンで、
レベルチェックテスト、カウンセリング、
お好きなレッスンの3つが無料
試せるのでぜひ試してみてくださいね!

レアジョブの無料体験を見てみる

↓ ↓ ↓

こちらの記事もおすすめ