独学・英語学習法

英単語の効率的な覚え方のコツ!短時間で独学で覚える勉強法のポイント!

英語の勉強をしていくうち、表現力を伸ばす
ためどんどん必要になってくるのが語彙力。

でも、英単語って山ほどあるので覚えるのが
大変なんですよね~

 

忙しい社会人は特に、覚えるコツを知って
なんとか効率良く勉強したいもの!

そこで、独学かつ短時間でできる単語の覚え方や
勉強法など役立つ情報についてまとめました!

今回は、
◆英単語を効果的に覚えるポイント
◆間違った覚え方
◆効果的な勉強法

について紹介していきます♪

英単語を効率的に覚えるポイント

膨大にある英単語を効率的に覚えるために
何をしたらいいのか、どうやったら効率が
いいのかポイントをまとめました!

~英単語を効率的に覚えるポイント~

◆明確な目標や将来のイメージを持つ

◆完璧を目指さない

◆意味をイメージしながら発音する

では英単語を覚えるためのポイントの
解説をしてきます!

明確な目標や将来のイメージを持つ

「勉強しなければいけない」という
大まかで受動的な意識を持っている人と
「目標達成のため単語を勉強する」という
明確で自主的な意識を持っている人を比べた時、
学習時間が同じでも成果にとても大きな差が生じます。

また、長い道のりで挫折しないようやる気を
維持することも重要です。

明確な目標があれば勉強もはかどり、
学習継続の手助けになるでしょう。

完璧を目指さない

単語の勉強はテンポの良さが大切です。

しかし単語をたった1~2回の勉強で自分の
ものにするというのはなかなかの試練。

成功のカギは何度も反復して同じ単語に触れる
ことなので、はじめから完全に暗記するという
意気込みは不要です。

意味をイメージしながら発音する

単語を覚える際、意味が表すイメージを想像
すると脳内で情報がリンクしやすく、暗記が
はかどるというデータが出ています。

また、同時に発音し音で覚えることも脳内で
情報がリンクすることに役立つと言われています。

英単語学習でNGな覚え方

英単語を覚える時、間違った覚え方を
していたら時間がもったいないですよね~

非効率な覚え方は避けたほうがいいとので
NGな覚え方をまとめました。

~英単語学習でNGな覚え方~

◆意味だけ日本語で覚えるはNG

◆単語ごとに時間をかけるのはNG

◆復習しないはNG

ではこれはおすすめしないNGな
英単語の覚え方のポイントを解説します。

意味だけ日本語で覚えるはNG

単語の正しい使い方がわからなければ英文に
組み込むことはできないし、正しい発音が
わからなければ会話に組み込むこともできず
実用性ゼロの知識となります。

また、時間が経って記憶を呼び戻すのも脳内の
情報が日本語の意味だけだと難しくなります。

覚える時は単語を含んだ英文を作る、発音も一緒に
学ぶ、イメージを想像しながら覚えることで記憶を
呼び戻しやすく実用性のある語彙力を身に着けましょう。

単語ごとに時間をかけるのはNG

単純に計算して、1日10単語ずつ勉強した場合
2,000語の単語本を1冊覚えきるのに半年以上も
かかってしまうんですね。

重要なのは何度も反復して触れることなので、
ペースが遅いと単語に触れる機会が
少なくなり勉強した単語が全て
「習ったけどあまり覚えていない単語」
になってしまいます。

むしろ、テンポ良く数をこなし
何度も同じ単語に触れることで
「見たことのある単語」を
「確実に使える単語」
に変えることが可能になります。

復習しないのはNG

単語は数を覚えれば覚えるほど古い情報の記憶が
薄れ、思い出すのが難しくなってきます。

確認テストを行うと前に覚えた単語の情報を
よみがえらせることができるので復習は必ず必要です。

英単語を効率的に覚えるための勉強法

英単語を効率的に覚えるための勉強法について
まとめてみたので参考になればと思います。

~英単語を効率的に覚えるための勉強法~

①目的・レベルに合った教材選び

旅行英会話、ビジネス、試験対策など勉強の
目的に合った教材を選択しましょう。

また、すでに理解している単語ばかりの教材も
無意味なので7~8割以上馴染みのない単語が
集まったものを選んで下さい。

(発音の確認や単語テストができるアプリと
連携した教材を使えばより効果的に勉強できます)

②単語とその意味を確認

③イメージを想像しながら数回発音する

④シンプルな単語・文法を使って短い英作文

(例:Unique 唯一の、珍しい → His voice is unique.)

※②~④を1単語30秒のペースで進めます

⑤目標数をこなしたら同じ箇所をもう一周

(1日50~100語が理想的)

⑥翌日は新しい単語で①~⑤を進めていく

(定期的に習った単語のテストをするとより
効果的です)

⑦1冊終わったら何日・何回かにわけて反復

2回目以降はもう少しペースを上げられるはず
なので語数を増やしていきます。

どれだけ覚えられているかによりますが、同じ
教材を3~5周反復することをおすすめします。

英単語を増やすのにすすめな教材・本

英単語を増やすのにおすすめな本はたくさん
でていますが、人気の教材を3冊紹介します。

 

~英単語を増やすのにおすすめな教材・本~

◆キクタン(アルク)


アマゾン引用

(本:1540円 / audible: 初回1冊目無料)

CD付きで、音楽のリズムに合わせながら楽しく
単語を学べる人気シリーズです。

レベル別でシリーズがあるので自分の
レベルに合わせて選べるのがいい所です。

入門~上級まであり、1日約15語覚えていくだけで
1冊終わる頃には2,000語以上耳に焼き付いている、
という忙しい方も無理なく続けられる内容量です。

キクタンは、audibleだと無料期間中で
初回1冊目が無料で視聴できます。

 

◆DUO3.0

(本:1,320円 / kindle版:1,188円)

人気の英単語本で、分厚いのでボリュームが
あるのですが、同じ単語は他の例文では使われて
いないので効率的の多くの単語を覚えられる本です。

アマゾンプライムならkindle版が無料体験で
チェックできます。

 

◆金フレ:TOEIC&LRTEST出る単特急金のフレーズ

アマゾン引用

(本:979円)

中級者以上向けのTOEICの特化した
単語の本で人気の高い本です。

これからTOEICをという方にはおすすめの1冊です。

まとめ

学生時代に時間をかけて何度も書いて一生懸命
覚えた単語が思い出せないことを考えてみると、
効率の悪い勉強法だったことがよくわかります。

何千もの単語を何周もしなければと思うと根気が
いりそうですが、目標達成のため頑張りたいと思います♪

こちらの記事もおすすめ