英語勉強法・教材・資格

英語のスピーキング練習にいいおすすめな教材と本!勉強方法のまとめも!

私は、英語学習の
「話す・聞く・書く・読む」の4つの
スキルをの中でも「話す」スピーキングが
一番苦手。

 

なので、スピーキング力を上げるために、
日ごろからおすすめの本やオンライン英会話で
アウトプットをしているのですが、

 

英語を話せるようになるために、たくさん英語を
聞き流すことや、英文フレーズを覚えるというのは
効率的ではないと思っています。

 

聞いただけとか、フレーズをたくさん覚えるだけでは
自分の言葉で話せるようにならないと思うんですね。

で話させるようになるために、
何をしたらいいのか?

 

ということで今回は、英語のスピーキング力を
上げるために私が実践している
◆おすすめな教材・本
◆勉強方法

についてまとめていきたいと思います。

英語のスピーキングを上げるための必要な力とは?

英語を話せるようになるためには
ただ英語を聞くだけとか、英文フレーズを
覚えたら話せるというわけではないと思います。

 

話すためにはどんな力が必要なのかまとめて
いきます。

~スピーキング力上達に必要な力~

①英文法の基礎知識(中学程度)

②英語が聞けるリスニング力

③英文を瞬時に作りアウトプットする力

④アウトプットを繰り返すこと

それでは1つ1つチェックしていきます!

①英文法の基礎知識

英語を話すうえで必要なのが英文の構文が
きちんと作れることがポイントとなってきます。

 

中学程度の英文法でいいので基礎の英語を
しっかりベースとしてインプットしておくのが
大切です。

 

英文法でわかりやすかったのが、大西泰斗先生の
「ハートで感じる英文法」

英語のコアをわかりやすく解説しています。

Amazon引用

 

②リスニング力

話すのにリスニング力が必要?と思いますが
相手の言っていることが聞き取れないと会話にも
ならないので、聞き取る力を身につけることが
必要になります。

 

③英文を作りアウトプットする力

英語を話そうとすると、頭の中では
言いたいことを一旦、日本語で考えてそれを
英語に変換する作業が行われているので、
英語でアウトプットする力というのもいります。

 

④アウトプットの繰り返し

実践的に、英語でアウトプットを繰り返し
していくことが大切になります。

 

たくさんアウトプットを繰り返すだけ、
スピーキング力UPにつながるということに
なると思います。

英語のスピーキング力UPにおすすめな本

次にスピーキング力を上げるためにおすすめな
本を紹介していきます。

 

~英語のスピーキング力におすすめな本~

◆どんどん話すための瞬間英作文


Amazon引用 

 

◆スラスラ話すための瞬間英作文

Amazon引用

◆究極の英語スピーキング(VOL.1)

◆究極の英語スピーキング(VOL.2)

 

スピーキング力UPにおすすめなのは
瞬間英作文の本です。

 

英語を話す時、まずは日本語に変換して
英語でアウトプットする工程がありますが

ここがうまうできるようになると自分の
言葉で英語をアウトプットできるように
なるんですね。

 

英語はフレーズをいくら覚えても自分の言葉で
アウトプットはできません。

 

瞬間英作文やり方については別記事にも書いて
いるので参考にしてみてくださいね!

アウトプットの繰り返しは独学でもできる!

英語のスピーキング力をUPさせるための
教材を活用した後は、英語でアウトプットする
ことをが大切になります。

 

では英語を話すためのアウトプットの方法を
まとめてみます。

 

~英語のアウトプット方法~

①英語を口に出して言う習慣をつける

普段から、浮かんだイメージを英語でアウトプット
していく習慣をつけていくといいです。

 

私も、「あ、これ英語で言いたい!」と
思ったことはメモしておくか英語で言う
ようにしています。

これは独学でもできますね。

 

英語を口に出して言ったことをメモしておくと
後で見返したときや、今後話す時に役立ちます。

 

②オンライン英会話などでどんどん話していく

実践的なアウトプットの数を増やすために
オンライン英会話などで講師相手に英語で
話すことをたくさんしていくといいです。

 

しかし、オンライン英会話では、やみくもに
フリートークレッスンをするのはおすすめしません。

 

フリートークは話すトピックがバラバラで
レッスン後何を話したか忘れやすいからです。

 

私はオンライン英会話でスピーキングを
中心としたレッスンをやっているのですが
その中でおすすめだったのが

ネイティブキャンプの
「5分間ディスカッション」というレッスンでした。

 

詳しくはレビュー記事を見てもらいたいのですが、
5分ディスカッションの内容は、
レッスンで話すお題トピックを2つ選び
講師の質問のもと話を膨らませていく、
という流れになるものです。

ネイティブキャンプ教材の5分間ディスカッションでスピーキング力をUPさせる方法!ネイティブキャンプ引用 オンライン英会話の教材の種類はとにかく 多くてどれが自分に合うのか迷ってしまいますが、 スピー...

 

これのいいところは、自分の興味のある
トピックを選んで、それについて話し合うので
自分の話せるレパートリーが確実に増えていく
点なんですね。

 

英語のアウトプットの方法は
他にもあると思いますが、私は、

① イメージしたことを口に出して言うこと

② オンライン英会話など利用して相手と会話する
(おすすめは、5分間ディスカッション)

がいいと思いました。

とにかく、アウトプットはどんどん実践経験を
増やしていくといいのではないでしょうか?

まとめ

英語を話せるようになりたいとと思いつつ
いつもしっかりアウトプットができている
わけではありませんが、

 

スピーキング力アップのため、私はここで
書いたことを普段から実践しています。

 

それに加えて、カランメソッドレッスンで英語の
瞬発力を鍛えたり、英語で英語を理解できるよう
英語脳を作るトレーニングをしています!

 

時々さぼりがちですが、コツコツ
やって話のレパートリーを増やしもっと
スラスラ話せるようになれたらと思っています♪

こちらの記事もおすすめ