アスリートの英語勉強法

吉田麻也はどうやって英語力を上げた?勉強法とインタビュー動画を調査!

デイリー引用

海外を舞台に活躍するサッカーの吉田麻也さんは
アスリートの中でもかなり英語が流暢ですよね。

 

ヨーロッパのサッカーチームと会話している姿を
見るとすっかりなじんでいるように見えます。

 

帰国子女ではない吉田麻也さんが
こんなにもスラスラ英語を話せるように
なった秘訣がなんなんでしょうか?

 

今回は、
◆吉田麻也さんの英語力
◆英語インタビュー動画
◆吉田麻也の英語勉強法

についてまとめていきます!

吉田麻也が英語を始めたきっかけ

帰国子女ではない吉田麻也さんが英語を話す
きっかけは名古屋グランパス時代の監督からの
助言になります。

 

この助言により、この先海外で活躍するには
どうしたらいいか?考えた吉田麻也さんは
「英語が必要」と感じたようです。

 

そこから、吉田さんは英語の勉強をし始め
その後は海外のサッカーチームに所属し現地の
チームメイトや監督、スタッフなどいろいろな人と
かかわりながら現在の英語力を身につけていった
ようです。

 

Jリーグ時代から未来を見据え、日本にいる
ときから英語の勉強をし始めていたんですね。

 

予想通り、海外で活躍するようになりさらに
英語力をレベルアップさせていったようです。

吉田麻也の英語力がわかる動画インタビュー

吉田麻也選手が試合後のインタビューで
受け答えしてる動画があるので彼の英語力を
見てみたいと思います。

cutter7 motion 引用

詳しいサッカーの専門用語やルールなど
わかりませんが、吉田麻也さんはかなり
流暢に話していますね。

 

アクセントはヨーロッパ訛り、イングランド
でしょうか?

 

インタビュアーの方の英語がヨーロッパ系で
聞き取りにくい部分がありますが、そこも
しっかり吉田さんは聞き取っています。

 

詳細な内容をスラスラと吉田さんが伝えていて
どもるところはあまりありませんよね。

かなり高いレベルだと思います。

吉田麻也が英語力上げた勉強法

こんなにもスラスラ英語で話せる吉田麻也さんですが
始めはもちろん話せなかったところからスタート
していますので、どういう勉強法でここまで
スラスラ話せるようになったののでしょう?

勉強法をまとめていきます。

 

~吉田麻也の英語勉強法~

自分から英語でコミュニケーションをとる

名古屋グランパス時代には、外国籍の選手がいたので
そこで自分から英語でコミュニケーションをとる
ようにしていたようです。

 

海外移籍をしてからも、さらに英語でやり取りする
ことが増えるので自然と英語力は上がっていった
んではないでしょうか?

 

自分から英語を話す機会を増やしてたくさんアウト
プットして努力している感じです。

わからない語彙はすぐに調べる

語彙力を伸ばすのに、わからない単語はすぐに
調べて確認しているようです。

 

ボキャボラリーの多い人ってすぐに調べて
自分のものにしていますよね~

 

吉田麻也さんは、学生の頃に英文法をしっかり
勉強してきたことが今の英語力に生きていると
言っています。

 

わからない単語があったら自分の知っている
文法に当てはめて考える、そうやって英語力を
のばしてきたようですね。

 

確かに英文法は中学程度の力があれば、あとは
語彙を増やして表現を豊かにしていけばいいだけ
なので、吉田さんのやり方なら早く英語を話す
力がつくと思われます。

まとめ

今回は、アスリートの中でも特に英語力が高い、
サッカー選手の吉田麻也さんの英語について
まとめてみました。

 

学生の頃に学んだ英文法をベースに、日ごろから
チームメイトや監督などを、相手に英語でのアウト
プットを繰り返しわからない単語があればすぐに調べる、
というスタンツで英語力をコツコツ上げてき吉田麻也さん。

 

彼の英語の勉強法はむだがないので、このやり方なら
早く喋れるようになるのかな、と感じました。

 

アウトプットの量が圧倒的に少ない私も
吉田麻也さんの英語学習法を参考に
してみたいと思います!

こちらの記事もおすすめ